ミニチュアシュナウザーの基本情報

特徴や性格を徹底解説!「ミニチュアシュナウザー」ってどんな犬なの!?

ミニチュアシュナウザーを飼いたいけど、そもそもこの犬種をあまり知らないという方も多いと思います。

初めてワンちゃんを飼うんだけど、ミニチュアシュナウザーってしつけはしやすいの!?
既にワンちゃんを飼ってるけど、多頭飼いしても大丈夫?

他にも、お年寄りがいるお家でも飼えるものなのか、小さい子供がいるけど大丈夫なの?
お家を空ける時間が多いけど、お留守番は得意なの?というように悩みは尽きません。

そこで、まずはミニチュアシュナウザーというワンちゃんについて知っていくところから始めましょう!

この記事でわかること

ミニチュアシュナウザーの特徴や性格などの基本情報全て

立派なヒゲと眉毛がチャームポイント

くりっとした可愛らしい目に口元にたくわえられた大きなヒゲ。

ミニチュアシュナウザーというと「ヒゲが大きいとか、おじいちゃんみたいな犬」とイメージする人も多いでしょう。

ミニチュアシュナウザーはドイツ生まれの犬です。

チャームポイントにもなっている眉毛やヒゲは、その昔ネズミなどの害獣を駆除する際に、反撃されてもケガを最小限に抑えるという目的で改良されました。

もともとは南ドイツのローカル犬として、スタンダードシュナウザーという犬種が農場で人間と一緒に働いていたようで、頑丈な彼らは小動物の駆除、家畜の誘導から小さな荷馬車を引くことまで幅広く活躍しており、人々に親しまれていました。

そのスタンダードシュナウザーを小型化した犬種が現在のミニチュアシュナウザーです。

ミニチュアシュナウザーが小型犬ながらしっかりした体つきと賢く明るい気質を持っているのは、その頃の名残だと言われています。

ミニチュアシュナウザーをドイツ語で表すと「ツベルグシュナウツァー」と言い、ツベルグは「小さな」、シュナウツァーは「口ヒゲ」を意味しているそうです。

日本では高度度経済成長時代から飼われはじめ、2000年代に一気に人気の犬種となり、現在に至るまで人気犬種として多くの人に愛されています。

賢い犬種なのでしつけがしやすい

JKC(一般社団法人ジャパンケネルクラブ)の犬種分類では、ミニチュアシュナウザーは使役犬のグループに分類されています。

使役犬とは、「番犬・警護・作業をする犬」という位置付けの分類になり、他にもドーベルマンやブルドッグなどの犬種が含まれています。

使役犬?難しいな〜と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
身近な存在で考えると、警察犬や番犬、盲導犬などをイメージしていただくとわかりやすいかと思います!

ミニチュアシュナウザーはそれだけ賢く、人間と一緒に作業ができる犬種なんです

賢く覚えがいいので、ドッグスポーツなどを楽しむのもいいかもしれませんね!

子犬選びのポイント
子犬の選び方講座!『失敗しない』ための3つのポイントを徹底解説! こんにちは!こまつ(minischnauzer_k)です! 「ミニチュアシュナウザーを飼い始めたいけど、子犬を選ぶ時に何をチェッ...

ABOUT ME
こまつ
ミニチュアシュナウザーを愛する20代後半の男性。 実家ではミニチュアシュナウザーを飼っているものの、一人暮らしのお家でもお迎えするべく情報を整理・発信していきます!